Mさんのバーテンダーのアルバイト体験談

バーテンダーのアルバイト体験

このページでは、Mさんのバーテンダーのアルバイト体験談をご紹介します。

その後、その店で社員になったMさん。 バーテンダーという他の飲食店での仕事とは一味変わっているお仕事。 このお仕事を通して何を感じ、どう変わっていったのでしょうか?

何気に目にとまったBARでのバーテンダーの募集

せっかく大手銀行に就職したのに、未熟者だった私・・・ 今更遅いですが、人生の選択を間違える事もしばしばです(*^_^*)

次のことも考えず辞めてしまったので、しばらくニート。 その頃から当時ではじめたばかりのフリーペーパーを片手に、貯金を崩しながら生活していました。

その時何気に目にとまったのがクラッシックの流れるBARでのバーテンダーの募集でした。 初心者も丁寧に教えますみたいな事がかかれてたかな・・・? 時給はめちゃくちゃ低かったです。

そうそう、おもしろい募集内容でした。

「夢が見つけられない人」
「いろんな事に興味ある人」
「店長になりたい人」
「お酒のこと知りたい人」
「人と話すのが好きな人」

貯金も減る一方だし、何もやらないよりましかなと思って アルバイトの面接を受けにいきました。

面接当日

面接は大学時代の練習があったので、 笑顔と声と姿勢と、謙虚さに注意して毎回のぞんでいます。 正社員の就職ではないし、服装だって私服だし、そんなカチコチにはなりません。

極端な金髪とかタメ口とか、勤務時間で要望が合わないとかでないかぎりは 普通に面接してくれる人と会話さえできればだいたい受かる気がします。

実は超有名店だった・・・

時給低いので一見見逃してしまいそうなこのお店は 実は地元繁華街では知らぬ人はいない超有名店でした。

当時の地元の長者番付トップ3がお忍びで何度も来店するような人気店。 来る人来る人、医者・弁護士・公務員・社長等社会的にも認められている職業の人達ばかりです。 もちろん繁華街なので水商売の人もきました。 自分の全く知らない世界がその店には集結してました。

自分の店を持つ夢を持った人たちばかり。

そんなこともしらず、何となく働きはじめた私と違い 当時働いていたスタッフは将来自分の店を持ちたいと 修行をしにきている人ばかりでした。

バーテンダーとしての仕事を教えてくれた人も 実は調理の修行をしたいけど、今は調理場は人がいっぱいだから 誰かが独立して一人分のスペースがあくまで 接客を担当してると聞いて・・・・

え!何年後の話なの? 自分の夢を叶えるために、何年もその席が空くのをまってるの?この人? って正直カルチャーショックの連発でした。私以外スタッフ全員夢があるんです。

しかも卒業して独立した人は、地元で何店舗も展開し成功してる人達ばかり。 この店で何年も努める正社員の先輩のお給料は私の初任給より低いんです。 でも働くのはお金のためじゃないんだって教えてくれました。

バイト → 社員へ

先日までニートだった小童の私が 大きな病院の院長や弁護士の先生にお酒をつくり、提供して いろんな話や考え方を聞かせてもらえるんです。

そんなスゴイ方達がこぞって「マスターはスゴイ人だよ!あなたもココで働けて幸せだね!」 っていうんです。え!マスターって神なの(笑)・・・!?って、未熟者ながら思いました。

こんなにおもしろい世界があるのかーって今でも働けたことは感謝してます。 働き始めてすぐに半端な気持ちの私ができる事はバイトの立場に甘んじないよう 社員になることだと思い、すぐに社員になりました。

数年後、辞めることに。

働いて数年・・・なんで辞めたかというと 夜中働く事を母親がずっと認めなかったからです。 知らないところで店のマスターに母がやめさせるようお願いしたみたいです。

親の気持ちは良くわかります。何もいえませんでした。 親同然に慕ってたマスターも実の子のようにしてくれてました。 とても残念がってくれたこと、1本のワインに思いを込めて送り出してくれたこともいい思い出です。

ただ、面白かったんだけどなーあの仕事。 話す事が大好きな人、話を聞くのも大好きな人には天職かもしれないです。

穏やかに話してばかりいられないバーテンダーもいる

バーって少数しか入れない所もあれば2階とかに大人数入れるようなところもあって レストランバーだったので、ゆっくりばかりしてられません。

団体の予約が入ると、穏やかなバーテンダーも必死です。 60人ほどの団体のドリンクを一人でさばかないといけません。

大体団体の時は結婚式の2次会とか〇〇会とかなので バーテンダーと話したいとかゆっくりしたい人なんていないので 話すかわりにドリンクをどんどん用意して、料理をどんどん提供してる内にあっという間に終わります。

ただ、店によってはそんな無茶はさせないでしょうけど させる店もあるんです。

しかもフリードリンク・・・ 簡単につくれるカクテルばかりですが、好きに注文されるので 全部覚えて作って持っていかなくてはいけません。

カウンターでじっと立ってるイメージのバーテンダーは 結構ハードに行ったり来たりするので 正直痩せます。

この時代は私の過去最高に痩せてた時代でした(*^_^*)

毎回団体担当になるとどうやってさばくかゲーム感覚になります。 相手のでかたを見極めながら、ビールとかで済む分は先手でピッチャーで持っていきます。

基本注文される前に、聞きに行くというスタンスのバーテンダーは お客さんを気遣ってるようで、実は自分のペースで仕事をできる分、 理にかなってる気がします。

待つ時間って飲み物が無くなってから頼むと、次の飲み物が出てくるまでの時間は長く感じるけど 飲み物が無くなる前に頼んだ飲み物だとあまりきにならないみたいです。 無くなってもさっき頼んだからそのうち出てくるだろうって、待ってくれる人が多いです。

でも一人で大人数を捌けたという達成感だけが原動力で、 別にお給料も変わらないのが、飲食店なんですよね。

だから飲食業で働くひとは独立するのかなあ・・・?って思います。

オリジナルのカクテルを作るのも、お客さんに高いワインをもらうのも仕事

聞いてるだけで酒好きにはたまらないですよね。 タダ酒です。

ある程度店で扱うカクテルや、一般的に知られてるカクテルがつくれるようになると、 次はいろんなリキュールを合わせてオリジナルカクテルを作ります。

お客さんから好みを聞いて、2杯くらいまでは 一般的に知られてるようなカクテルで対応できるんですが 3・4杯目になってくるとやっぱりオリジナルが必要になってくるんです。

オリジナルが作れない間は先輩に作ってもらったりしてました。

暇な時間、ちょこちょこリキュールを合わせては 先輩やマスターに飲んでもらって「げー甘すぎ・・・(´ε`;)」とか言われてました。

この時間が本当に楽しい☆

OKをもらったカクテルは、裏メニューとして常連さんに提供できて 美味しいと初めて言われたときは嬉しかったです。

1本何万円とするワインをお客さんから少しいただけるのも 仕事のうちの一つ。ワイン愛好家の方は相手の表現も聞きたいんです。

優しくて紳士的な方がおおく、女性も包容力がある方ばかりで ワインを勉強したいっていう人には嫌な顔ひとつせず 逆に頑張って勉強してね☆と1杯くれちゃうんです。

もちろん少量ですけど毎日積み重ねるとめちゃめちゃ経験できます。 多い日は5種類位のワインをいただけたり、 少ない日でもマスターがあけるから、最低1種類は飲めちゃいます。

それがキッカケで今ではワイン好きになってるので この仕事して本当に良かったなと思いました。

2ヶ月弱で辞めることになったフランチャイズの洋食屋

その後、洋食屋でバイトすることになりました。

面接で「自分からの質問って本当大事だな」と気づかされた経験です。 昼間働ける仕事で、どうせなら自分の技術になる調理場の方に行きたいなと 未経験OKなキッチンのアルバイトに応募しました。

自分にとっては初めて行く店で、そんな店が昔からあったなんて知りませんでした。 後から知ったんですが 全国にフランチャイズでいくつかある人気の洋食屋です。

求人広告には洋食屋キッチンのアルバイト、楽しい仲間とアルバイトしませんか? としか書いてなかったのですが

面接の時に「どんな感じか見ながら、将来的には社員をお任せできるような、 長時間働けるアルバイトをさがしてる」と言われました。

いきなり社員っていわれてもピンと来ませんでしたが、 「1日8時間とか9時間労働だから長時間希望だなー・・・ キッチンとしての経験は全くのゼロだし、 しばらくアルバイト時代が続く話なんだろうなー・・・」 と解釈したので、次の正式な仕事が見つかるまでのつなぎとして働く事にしました。

キッチンとして入ったんですがまずはメニューを覚える為と 2週間ほどホールでの接客をやりました。

メニューも覚えたので3週間目からはキッチンとして働きました。

そして1ヶ月位経った時のこと。

いきなり当時の社員の方から、 〇〇県の〇〇店の社員が病気で、急遽人が必要になって、 寮もちゃんとあるから1週間ホールだけど手伝いにいってくれないか?と頼まれました。

「え!この店、ココだけじゃなかったんですか?」 「え!?知らんかったの?」 と食い違いもありましたが、困ってるし1週間くらいなら仕方ないと行くことにしました。

車で高速使って片道2時間かかるので さすがに通勤するのも大変です。気乗りはしませんでしたが寮に泊まる事にしました。 1週間だけだし、それくらいどうってことありません。

そのお店は高校生の子ばかりで、20代だった私はちょっとお姉さん格。 だからでしょうか、クレーム処理やホールの目配せ、指示、レジ締め等をやらされました。

ところが1週間後、今日で最後と思っていたその時 フランチャイズ店のオーナー自身が店に来て 「このお店の子達、楽しいでしょ?ここでずっとやらへん?年末まででもいいし・・・」

・・・と。年末まで3ヶ月はあります。 私まだ社員でもなんでもないし、 1週間だけの約束なのに・・・はじめっからココで働かせるつもりだったのかな?と 不信感をあらわにしてしまいました。

その場ですみませんが話が違うので辞めますといって 残り1週間だけその店で働いて辞めました。

結局キッチンで働けたのも2週間あまり。 こんなことあるんだなーと自分でもびっくりです。

はじめの面接の時点で、社員という言葉にちょっと引っかかった時 具体的にどのくらいの期間アルバイトでどういう状態で社員として扱われるのか等 もっと聞いておけば良かったとおもう経験でした。



東京の飲食店バイト情報

新宿西武新宿高田馬場池袋表参道秋葉原渋谷新橋大塚北千住有楽町銀座蒲田恵比寿五反田三軒茶屋神田神保町赤坂赤坂見附浅草築地中野品川目黒錦糸町人形町赤羽門前仲町御徒町三田自由が丘上野水道橋大門田町東銀座飯田橋麻布十番六本木

千葉の飲食店バイト情報

成田千葉木更津五井松戸船橋西船橋南船橋海浜幕張新浦安津田沼

神奈川の飲食店バイト情報

横浜川崎相模原横須賀厚木藤沢鎌倉大和海老名小田原平塚

埼玉の飲食店バイト情報

大宮浦和川口・西川口本川越・川越蕨駅上尾

中部地方の飲食店バイト情報

名古屋駅

関西地方の飲食店バイト情報

大阪梅田心斎橋難波淀屋橋神戸三ノ宮四条河原町・京都駅

飲食店に関するコラム

もう一度行きたくなる飲食店の共通点元気の良いバイトスタッフばかりの居酒屋さん飲食店バイトの掛け持ち事情お気に入りのカフェ・喫茶店にパソコンを持ち込んでの仕事

飲食店でのアルバイト体験談

今までの飲食店アルバイト経験一覧大学時代にラーメン屋のバイトしていたK君Aさんの焼き肉屋でのアルバイト体験談Oさんの高校生時代の回転寿司店でのアルバイト体験談Mさんの高校・大学時代のファミレスでのアルバイト体験談Mさんの有名ホテル内の和食料理店でのアルバイト体験談Mさんのバーテンダーのアルバイト体験談

人気飲食店のバイト求人情報

すき屋ココス(COCO'S)ジョリーパスタ東京チカラめし金の蔵Jr.丸亀製麺塚田農場久兵衛屋ポポラマーマカレーハウスCoCo壱番屋とり鉄銀のさらFLO(フロプレステージュ)RF1モスバーガーベックスコーヒー宝島道とん堀土風炉ちよだ鮨若菜伊藤園おこわ米八屋台DELiハオチャオズつきじ海賓